イマークとイマークsの違い

イマークとイマークsの違いは?どちらが良いの?

イマーク

 

 

イマークが中性脂肪を落とすのに効果が高いということはわかったけれど、
イマークとイマークsってあるけど一体何が違うの?って疑問に感じる人もいるかもしれませんね。

 

これは2012年10月にイマークが
イマークsにリニューアルしたために現在、2種類存在しているんです。

 

どちらも中性脂肪を落とす役割を果たすEPAとDHAの成分量は同じなので、
基本的に同等の効果を得ることができます。

 

一番わかりやすい違いとして、
通常のリニューアル前のイマークは豆乳をベースに作られており、
常温だと味・風味が著しく低下するため、冷蔵保存する必要がありました。

 

それと比べて
イマークsは豆乳を一切使用していないため、常温保存も可能となっており、
飲みやすいヨーグルトのような味に変わりました。

 

また、カロリーもイマークと比べると1/2以下となっております。

 

やはりリニューアルしただけのこともあり、
イマークsはイマークになり魅力・メリットをたくさん抱えております。

 

しかし、従来のイマークのリピーターの方から「慣れ親しんだ味をずっと飲んでいたい」
という声もあるため、現在も発売が続けられているようです。

 

 

私はイマークsの方が飲みやすく、おいしく感じましたがやはり人それぞれ好みがあるということですね。